読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『おそ松さん』第13話感想 「ちょっと洒落がきいた感じで責められたよ」

 

 

おそ松さん13話(シコ松回)の感想です。

 

 

Cパート『事故?』

 

 

2クール目の一発目から、えらいこっちゃですわ......。

 

私もブログ一発目でこのネタを書くことになるとは、なんというか、もう、面白くてたまりません(笑)

 

おそ松兄さんにソロ活動を見られてしまったチョロ松は、せっかくのカニ鍋の最中にも関わらず終始、険しい表情。トッティがアルバイト先で見せた『話題の顔』にも近い感じでした。

あの兄弟は気に入らないことがあるとすぐ顔に出るようです。全員同じ顔なので余計に目立ってしまうんじゃないでしょうか? 

 

 

さらにチョロ松は、何も言わず、カニ鍋の汁を思いっきりおそ松兄さんにぶっ掛けるという行動に。これはもう、完全に八つ当たり。とりあえず目についたもので相手を攻撃するのは、反抗期男子の行動です。チョロ松も、まだまだ子供なんだな~。やったぜ。

 

それに対抗するおそ松兄さんの「馬鹿じゃねぇの、馬鹿じゃねぇの!!」はサイッコーに怒りがこもっていました。最初、中指立ててるのかな、と思ったのですがよく見たら人差し指。良かった、流石はおそ松兄さんです。家族に中指を立てるような、そんなゲスい真似はしない......。

 

その後、他の六つ子たちにも『ソロ活動目撃事故』が知らされます。激怒するチョロ松。それを見たトッティ「謝って!」「シコ松とか呼んじゃダメ」と、おそ松兄さんに促します。

なんだ、トッティって意外としっかりしてるじゃん! と思いきや、続けて

「(シコ松とか)面白すぎるよ~!」と大爆笑。その爆笑は、全員を巻き込むことに......。

 

「最悪だ、一生いじられるぞ、コレ......」と絶望する、チョロ松。

更にさらに、おそ松兄さんのエッチな本をチョロ松がこっそり借りているということが発覚! これには全員ドン引き。

人に引かれることでキャラを保っているカラ松も「ちょっと引いたな......」とコメント。チョロ松、絶対絶命のピンチ......?

 

 

いままで『六つ子唯一の常識人』という立ち位置で根を張ってきたチョロ松。

ですが『チェリー松』『クール童貞』など、六つ子で唯一、定期的に下ネタで弄られるキャラクターでもあります。

そんな彼の『ソロ活動』を目撃してしまった長男・おそ松がネタにしないわけがない! それはチョロ松も分かっていた......はず.......

と考えるならば、

表面的には怒っているように見せていたチョロ松も、内心諦めていたのかもしれません。でも態度で示さないと、あの長男には通用しない、と思って怒ってみせた......結果、通用せず、変な看板作られていましたが。

 

 チョロ松の弄るべきところを見事に奥の奥まで弄りまくった、良いギャグ回だったと思います! 全員、『シコ松』なんだけどね。

 

 

『じょし松さん』(順番が逆でした、ごめんなさい)

 

六つ子が女性に扮した『じょし松さん』

 

合コンの相手を待つ最中の女子トークは、もはやコントですね。いや、常にコントなんですが。

ここでも注目したいのは、『チョロ子』です。オタク......というか完全に腐女子。そんな彼女の登場台詞は

 

『オタクはチビダヨ? ダヨチビ? NGなのは、イヤハタだから』

 

おっとー! 絶対流行らないカップリングの連呼。チョロ子痛いね。

言わずもがなだとは思いますが、彼女が言っているのは『おそ松』キャラの名前を使ったカップリング名ですね。腐女子なので、BL好きなんだと思います。イヤミとハタ坊が地雷という訳です。理由を訊きたいねぇ。

 

 チョロ子は、見た目もこだわっていますね。メガネにパーカーにぱっつん前髪。典型的な腐女子というか、完全に私ですわ。グレーのパーカー持ってる持ってる!

見た目といえば、トド子がサイッコーに可愛い。男性視聴者さんはどうなんだろう、トッティいけると思いませんか!? 今流行りの『森ガール』らしいです。

カラ子はスポーツインストラクターか何かでしょうか? 黒い肌がギラギラしていて、悪い意味で眩しい。十四子は2000年くらいからタイムスリップしてきたのかな?

 

この話の山は、何といっても、おそ子姉さんの叫び。一連の流れから一子の「おそ子、ウザ」に対して

 

「そんな〇〇で綺麗になるぞ女に限って二股、三股当たり前。恐怖の相談女。未婚既婚問わずの肉食系って何で分からない!?

こっちは姉さんキャラで気使って時間かけておびき寄せてようやく捕食ってときにかっさらっていくって何なんだよ

馬鹿か男は! 男は馬鹿なのか!!」

 

と、まぁ言いたい放題ですわ。自分しか見えてないおそ子姉さんは、相当頑張らないと結婚出来ないでしょう.......

婚活パーティーで見栄を張って失敗するおそ子姉さんが目に見えるようですね。

 

脱線もありましたが、全体をまとめると『モテるためにはどうしたらいいかを考える女子トーク』だった訳ですが

結局一番モテそうなのは『一子』かなぁなんて思います。口が臭いのと「魂のソウルメイト」以外は、なかなか良い所を突っついていたので。女の敵は女。その通り。

一子はもし自分の浮気とかがバレても上手く言い逃れしそう。なんやかんや言って、全ての事柄を上手くこなしそう。貯金ありそう。でも口臭いんだよなあ。

 

それにしても、『じょし松さん』でカラ松と一松のまともな会話が見れて嬉しい限りでございます! やったー! 会話って、二人が一緒に「生きてる」って感じがして気持ちいいですね......。

 

以上! おそ松さん・シコ松回の感想でした。

 

 

【初回なのでごあいさつ】

初回のブログ更新でしたが如何でしたでしょうか? 

これからも、こんな感じでアニメの感想(女性向けアニメが多くなる予感)などを綴っていく予定です、どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter→@hanagipf 

 

osomatsusan.com